湿度78%

湿度高めの人間が、夜中に体育座りで書くブログ。

友だちってなんだよ

 

友だちってなんだよ、ただでさえ何をもってわからないのに、なんでもかんでも友だちというSNSやメッセージアプリのせいでますますわからない。

 アプリの「友だち」という言い方は疲れる。別に友だちじゃないのに。連絡先を知っていると友だちなのか。キエーーーーーーーーー

今の小学生は大丈夫だろうか。ただ連絡先を交換するだけで「あいつは友だちじゃねぇ。よって連絡先は交換しねぇ。」とかやらないのだろうか。

それとも、そもそも同じ空間にいたら友だち、みたいな世界観が今は普通になっているのだろうか。友だちの中でも特に仲の良い人、信用できてなんでも話せる人もみんな、連絡先を知っているだけの人と同じ扱いの友だちというラベルが貼られるのが普通になってしまうのか。

友人の基準は人それぞれで主観的なものだからこそ、友人というのは心の拠り所にもなり得るのではないか。とにかく個人的には、友だちという言葉を軽々しくラベルとして使って欲しくないよムキャーーーーーーーーという気持ち。

 

頭では分かっているんだ…これはサービスの設計で友だちという言葉をチョイスしているのだと頭では分かっているんだけど、ずっと気になるから平成最後に置いていくことにした。みんなもリアルでは上手くやっているだけでそういうものがあるだろう??(決めつけ)。